【埼玉県】特産品の狭山茶ってどんなお茶?

スポンサーリンク

埼玉県の特産品の狭山茶とはどんなお茶なんでしょう?

そんな疑問に答えるべく、
今回は埼玉県の特産品の狭山茶について調べてみましたので紹介します。

スポンサーリンク

狭山茶の生産地域

800px-Iruma_Sayama_Tea_Field_3
画像出典元:wikipedia
「日本三大茶」といったら静岡茶、宇治茶、狭山茶です。
狭山茶の生産地域は埼玉県全域で生産されているようですが、主に入間市が主産地です。

ちなみに埼玉県のお茶の生産畑の面積は国内で6番目です。

狭山茶の歴史

まず日本でお茶の木が育てられるようになったのが800年前。

おるお坊さんが中国にいったときに持ち帰った、茶の木の種をまいたのが始まりです。
埼玉県では川越市からお茶づくりが始まりました。
そしてこれが狭山茶の始まりです。

今のように埼玉県でお茶づくりが盛んになったのは、江戸時代中期から。
昔はお坊さんが眠気覚ましに飲んでいたようですね。

火入れの仕方

「狭山火入」という伝統の火入れ方法により、狭山茶特有の濃厚な甘味を得ているようです。

茶摘みの時期

cyatsumi
画像出典元:入間市ホームページ

狭山茶の茶摘みの時期は年に2回で、一番茶は4月下旬~5月下旬の間、二番茶は6月下旬~7月中旬の間に摘採されます。

茶の積み方は3種類あり、こき摘みは、しごき摘み、三葉摘みとあります。

最後に

とても美味しいお茶ですので、お中元の贈り物などにも最適ですよ。

狭山名物 狭山茶詰め放題 300g 宮野園 狭山茶 深蒸し 煎茶 茎茶 お茶 日本茶 緑茶 お得 埼玉県のお取り寄せ お土産 【まち楽_埼玉】

価格:1,080円
(2015/7/11 23:19時点)
感想(2件)

産業
スポンサーリンク
スポンサーリンク
akiraをフォローする
スポンサーリンク
たまブロ

コメント